夢見る少女でいさせてくれ

J事務所の勝利6人組と気象系5人組を推してる看護学生(仮)

他G担から見た7/8の関ジャム

私はあくまでV6と嵐を推していて、

事務所まるっと推しているわけではないし

この2つのグループ以外は、はっきり言って気持ち的には可もなく不可もなくって感じ。

 

だからすばるくんが脱退するってなって

驚きはしたけど、それでいろいろ想いを巡らしたりはしなかった。

巡らすほどの想いを持って関ジャニ∞を見ていなかったからだと思う。

 

 

想いがなければ行動は伴わない。

SMAP解散も、そこまで強いSMAPへの想いが無かったからあえてその期間に「SMAP見なきゃ!!」とはならなかった。

 

 

そんな私が「関ジャム見なきゃ、7人を見なきゃ」とさせたのはMステでのNOROSHIだった。

言葉に上手く表せないけど、ものすごい強く訴えかける何かを感じた。

 

それから、MUSICDAYでオモイダマを歌うのも関ジャムも意図的に見た。

 

 

これまでのセッションを振り返る様子を見て、私はずっと関ジャニ∞を追っていたファンじゃないからよくわからないけど、関ジャムでいろいろな音楽に触れてきたことが、すばるくんの秘めたる思いに火をつけたのかもしれないとも思った。

 

でも普通にLIFEは泣いた。

なぜだろうか。泣いた。泣いてしまった。

 

 

映像加工技術というものは日々進歩していて

これから先、関ジャニ∞の過去映像とかを流すときにすばるくんのところを全カットして他の6人のところのみを放映していくことが考えられる。

 

そのため、今は関ジャニ∞は7人だけども、いつしか6人の関ジャニ∞が普通になり、渋谷すばるというメインボーカルの存在を知らない世代が生まれてくると思う。

 

そして「渋谷すばる?だれ?」という時代もくると思う。

 

 

 

それは避けられない。

 

 

 

『6人の関ジャニ∞』が世間に定着したあとでも、メンバーや今現在のファンの方の心に、記憶に、『渋谷すばる』という人間の存在は生き続けていくことを節に願う。

 

 

そして7人それぞれ、夢や希望をもって幸せな人生を送っていってほしい。

他G担だけど、ほんとにそう思った。