夢見る少女でいさせてくれ

J事務所の勝利6人組と気象系5人組を推してる看護学生(仮)

化学キャンペーン

青江教授の化学キャンペーン

 

ちゃっかりやってる☆

 

アプリは少し前からインストールしていた。

つまりやる気満々。笑

 

忍びの国のときは貯めている途中で

スマホの機種変更をしてしまったため

やる気がなくなってしまった(おい)

 

私は通学をするとき、途中で電車を乗り換える必要がある。

その、乗り換えの駅自体がラプラスポイントのスポットになっている。

そして、ホームの中のコンビニや本屋もラプラススポット。

つまり、その駅にいるだけで3ポイント取得可能である。

 

そして、Twitterに投稿すると追加で1ポイント貰える仕組みのため、乗り換えの間に最大6ポイント取得可能なのである。

 

 

素晴らしい👏(スタンディングオベーション)

 

 

そして、通学することのない土日はというと

バイト先までの通り道にラプラススポットが1か所ある。

 

貯☆め☆れ☆る☆

 

だが、残念なことに、

ポイントの期限内にラプラスの魔女を観ることができないかもしれない。

 

最悪、通学定期の範囲内にある応募スポットの映画館に行って応募しようと思う。

 

なんていう熱意だと我ながら思う。

 

 

 

 

 

 

 

いきなりだが、ちょっと重い話をする。

 

 

 

 

 

 

 

翔くんに一目惚れした小学6年生のあの時。

あの瞬間、あのタイミングで『ザ・クイズショウ』で翔くんが目の前に現れなければ私の人生が変わっていたと言っても過言ではない。

 

翔くんがいなければ私は確実に嵐を好きになることは無かった。

 

今出会って、仲良くなっている友人の中には『嵐が好き』という共通点があるから仲良くなれた人も少なくない。

 

特に好きな音楽も無ければ、熱中する趣味も無かった私に『嵐』というツールを与えてくれたのは間違いなく翔くん。自己紹介で名前だけでなく『嵐が好きです!』という話題が出来るようになった。

 

好きになった当初は『櫻井翔』という漢字すら書けなかった。翔潤以外の3人の下の名前を知らなかった。

 

そしてジャニーズカウントダウンコンサートも観たことなかった。翔くんを好きになって、嵐を好きになって、観るようになった。嵐を好きになって、『ジャニーズ』に興味を持った。

 

そして嵐を好きになったからこそ、

V6の存在が割りと近かった。

 

剛くんだけは喰いタンをリアルタイムでずっと見ていたので正直翔くんより先に認知していた。(認知していただけ。イケメンだけどちょっと見た目がチャラそうで怖そうだったから好きにはならなかった。)

 

ピカンチシリーズでいのっちのことを知り、木更津シリーズで岡田くんのことを知った。健くんはVS嵐によく出演されていたし、坂本さんは本人というより『坂本メモ』で知っていた。そこから繋がる形で長野くんも知っていた。

 

そして去年の『愛なんだ2017』は嵐ファン界隈がワイワイしている様子を見て、全て観たが、そしたら坂本昌行の沼に落ちた。

 

そこからスポンジのようにメンバーのフルネーム(坂本さんの下の名前を知らなかった)、生年月日、コンビ名(特に夕ドロ、恋弾、オバドラ、桃パスが分からなかった)、メンバーの特性、得手不得手などなどを学んでいった。

 

MUSIC  FOR THE PEOPLE、CHANGE THE WORLD、TAKE ME HIGHER、Darling、HONEY BEAT、蝶、only dreaming、Sexy Honey Bunny!!しか曲を知らなかったが今では多少知っている曲が増えた。(20歳を超えると新たに覚えることがしんどい)

 

 

つまり、私の全てのはじまりは他の誰でもなく櫻井翔さんなのである。

私の自担と呼べる方は翔くん、坂本さん、剛くんの3人だが、翔くんがいなければ坂本さんや剛くんを好きになることはなかったかもしれない。

 

 

ありがとう櫻井翔さん

大好きです櫻井翔さん

 

そんな彼の主演映画『ラプラスの魔女』、

私もできる範囲で楽しみながら応援したい。

 

早速明日もラプラスポイントを貯めよう。

ラプラスポイントを貯めるという目的があれば大学への通学も多少は楽しくなるかもしれないし♫笑