夢見る少女でいさせてくれ

J事務所の勝利6人組と気象系5人組を推してる看護学生(仮)

今日久しぶりにアルバム『DIGITALIAN』に収録されている大野くんのソロ曲『Imaging Crazy』を聴いた。

 

やっぱりこの人すごい

 

Imaging Crazyは曲中の全ての声を大野くんひとりでやっている。

主旋律もハモりもコーラスも。

 

いや、普通にすごくない???

 

私は音楽のことは何も分からない。

カラオケを楽しむ程度でしか歌わないし

楽器も学校の音楽の授業でやった程度。

 

素人目からしても、

もしかしたらこれってすごいことじゃないの??と思った。

 

大野くんは3オクターブの音域を発声出来ると聞いたことがある。

1番低いのは『Truth』の『I take my life forever』の部分、1番高いのは『ONLY LOVE』の後半のフェイクらしい。

 

ONLY  LOVEのフェイクはもはや悲鳴級。

PARADOXの1番はじめのところもすごい。

サンシャイン池崎の「イエーーーイ」を

とてもきれいにしたらあぁなるのかも(すみません)

 

 

偉そうに書いてしまった。

いや、やっぱり大野くんすげぇ。

自担じゃないけど、やっぱりすげぇ。

 

はい、おわり(笑)